FC2ブログ

記事一覧

「内容と言語を統合する外国語学習」(CLIL)とは・・・?

「内容と言語を統合する外国語学習」(CLIL)とは、学習者にとって未知で興味深い内容を英語で学ぶことで言語学習に意味を与え、学習者が既に持っている知識と関連付けて外国語学習を促進することを狙う学習方法である。これまでの発音練習やシャドーイング等、スキル重視の学習法に代わる有効な学習方法として注目され研究が進んでいる。私たちができる身近な学習方法としては自分が好きなことを英語で学習してみることが考えられる...

続きを読む

スキル重視の学習法と内容重視の学習法

 英語の学習法にはスキルを重視したものと内容を重視したものがある。どちらも必要なものであるが、スキルを重視した学習ではシャドーイングと音読が日本人には人気の学習法である。コミュニカティブ・アプローチなど、これまで様々なスキル学習が流行してきたが、万能ではないことが分かってきている。そこで最近注目されてきているのが、何かを英語で学ぶことを重視した「 内容重視アプローチ」である。英語ランキング こんにち...

続きを読む

文法の価値を見直そう。

 私が高校生の頃当たり前だった文法訳読による英語学習は英語を話せない日本人を作る原因として敬遠されるようになった。しかし、英語が話せない根本的な原因は日本人の語彙力不足によるところが大きい。基本的な文法知識は話すことにも必要な知識である。異文化理解の手段としても文法は大事である。読解問題で重視されている速読法(トップダウン)は英語の文章の概要を読み取る手段として有効ではあるが、それだけでは不十分で...

続きを読む

鳥飼玖美子先生「本物の英語力」に学ぶ英語学習法 1

 こんにちは、ホッとコーヒーです。今回は私が最近読んだ教養書「本物の英語力」(鳥飼玖美子著)を題材にして英語の新しい学習方法について考えていきたいと思います。鳥飼先生と言えば、NHK「ニュースで英会話」でもおなじみの方です。ご自身は同時通訳もできる正に本物の英語のプロの方ですね。英語の他にフランス語にも堪能だと聞いています。この点はTOEIC亡国論の猪浦先生と同じ多言語主義(英語以外の他の外国語の学習を重...

続きを読む

各英語検定試験と大学入試問題の問題点と正しい向き合い方

こんにちは、ホッとコーヒーです。ここまで「TOEIC亡国論」の内容を元に、TOEICや大学入試問題、英検など各検定試験の特徴や測定可能な英語力などを見てきました。TOEICを万能だと考えてはいけないということが分かりました。また、高校英語では翻訳の要素が欠けているということを確認してきました。 英語の学習は実は難しく深いものであるのにもかかわらず、現状では単なる暗記科目になってしまっていることは残念なことです。...

続きを読む

プロフィール

ホッとコーヒー

Author:ホッとコーヒー
初めまして。ホッとコーヒーです。元気なアラフィフです。コーヒーが大好きです。3月にブログを始めたばかりの超初心者ですが、高校では進学校から実業系の高校まで多くの学校で英語を教えてきました。高校英語教員としてのキャリアは約20年になりますので超ベテランですね。このブログでは英語教育の現在の問題点や新しい学習方法について考え、発信していこうと思います。現在の英語を取り巻く状況は大学入試改革に伴うセンター試験の廃止やそれに取って代わる英検やTOEICに関しての対策、英語を使った授業実践、小学校英語の教科導入など、大変複雑になっています。様々な問題に柔軟に対応して検定試験に振り回されずにしっかりとした本物の英語力を身に着けていきたいものです。検定試験や大学入試などで失敗して学習意欲をなくしてしまったり、成功しても、その後の目標を見失ってしまう人も多いのではないでしょうか。検定試験や大学入試で成功することももちろん大事ですが、このブログではもっと大きな視野で英語学習を捉え、英語を生涯にわたっての人生の友とすることができるようにやりがいのある楽しい英語学習方法を研究し、発信していくことを目指していきます。私もこれからもできる限り研究を重ね、分かったことを伝えていくつもりです。研究発表ネタは読み手にもハイレベルな知識が必要なので、読む方も大変かと思いますが、できるだけ読みやすいように工夫したいと思います。ブログは初めての経験で至らない点があるとは思いますが、何卒、よろしくお願いします。

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア